更新日:2019年3月15日|公開日:2019年3月7日

教室には、話し言葉に慣れ、客観的なフィードバックを得られるレッスンがあります。その情報をまとめました。

お悩みの例
・すぐに言葉が出てこない
・言葉選びに自信がない
・式典で適切な言葉がわからない
レッスンの利点
・聞き手を前にして、言葉を思いつくことに慣れていける
・適切な言葉を選ぶ勘所がわかる

「話す機会」が少ない場合、だんだんと言葉を使うことから縁遠くなることがあります。

言葉の知識だけを増やすのではなく、誰かに自分の意見や考えを伝える機会を持つこと。

「この意見をどう伝えたらいいのだろう」と考えるほどに、適切な言葉を探し、自分のものにできます。

また、同じような事柄について、さまざまな表現に触れられる機会があること。

話し方教室で同じ課題に基づいて話を披露しあう場や、講師の言い換えを聞くうちに、適切な表現方法がわかることもあります。

言葉のつかい方を磨けるレッスンをご紹介します。


グループレッスン

聴衆に向けて言葉を選んでコミュニケーションする練習ができます。

人前での話し方 基礎講座

話の内容に自信をもつためのレッスン。スピーチづくりを学びながら、適切に自分の考えを伝えるための言葉のつかい方も学べます。

リンク:「人前での話し方 基礎講座」(詳細・お申込みはこちらから)


緊張感突破トレーニング

即興で話すトレーニングで、言葉の瞬発力を磨くことができます。
緊張感の緩和はもちろん、言葉をつかうエネルギーの高め方を体得していけるレッスン。

リンク:「緊張感突破トレーニング」(詳細・お申込みはこちらから)


個別集中レッスン

グループレッスン前の基礎づくりや、短期集中で学んでみたい方向け。

話し方パーソナルレッスン

オーダーメイドで、言葉のお悩みに適したレッスンを受けて頂くことが可能。
「面接」+「原稿指導」+「実践練習」といった組み合わせが可能です。

リンク:「話し方パーソナルレッスン」(詳細・お申込みはこちらから)


人前での話し方 事前リハーサル

大事な場や式典などで話す言葉について、プロの目でアドバイスします。
慣れない言葉でも、アドバイスを受けるうちに話し手にフィットしていきます。
すると、本番で話すときに心強くなります。

リンク:「人前での話し方 事前リハーサル」(詳細・お申込みはこちらから)


受講した皆様の声

話し言葉と書き言葉の違いなど、基礎からわかっていないと気づけました。/30代女性

言葉を使って話すことに、慣れてきました。人に話が伝わる経験ができ、自信がついたのだと思います。/40代男性

言葉を自在につかえる感覚は、「話す自信」の土台となるものです。
レッスンを通して、相手に伝える言葉に慣れてみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

ことばの時間通信 に登録

話し方のノウハウ&レッスン情報

週1回 無料配信!

※登録解除はいつでも可能です


この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHKの番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士。家族は妻と子、猫2匹。
うちの猫
リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

【リンク】
・相談プログラム(一部 Skype対応)
・個別レッスン(一部 Skype対応)
・グループレッスン
・企業研修

人気記事
タグ一覧