更新日:2018年11月28日|公開日:2016年9月29日

人前で話す機会があると、準備の際に特別な体験を探してしまうことがあります。
たしかに、珍しい話や、強く印象に残る話も、聞き手に喜んでもらえるかもしれません。

ただ、思うようにネタが見つからなかったときに、困ってしまいます。
自信のあるネタを用意できないと、人前で話す際に気持ちがくじけてしまうこともあります。

気楽に人前に立つためにオススメなのが、「簡単なことを深める」こと。

「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく」という、作家・井上ひさしさんの言葉がありますが、この「やさしいことをふかく」が話を考える際に役立ちます。

たとえば「日常で経験していること」「他人でも体験するようなこと」
そこから自分は何を学んだのか、何を感じたのか。
その思いを語れると、独自のメッセージになります。

情報収集(ネタ集め)よりも、情報編集(ネタをどう生かすか)を大事にする、という作り方です。

特別な体験を語ろうとすると、どうしても気負ってしまい、プレッシャーが高まることがあります。
スピーチコンテストなどで競技的に競う場合は、特別な体験談が功を奏する場合もありますが、普段づかいのスピーチでは、簡単なことを深めるので十分すぎるほどです。

人前で話しやすくなる方法の一つですので、ご参考まで。
深めるためのポイントをさらに知りたい方は、下記の記事も参考になさってください。

→ブログ記事:スピーチが変わる!垂直思考でストーリーを構成する方法

ことばの時間通信 に登録

話し方のノウハウ&レッスン情報

週1回 無料配信!

※登録解除はいつでも可能です


この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHKの番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士。家族は妻と子、猫2匹。
うちの猫
リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

【リンク】
・相談プログラム(一部 Skype対応)
・個別レッスン(一部 Skype対応)
・グループレッスン
・企業研修

人気記事
タグ一覧