更新日:2019年10月8日|公開日:2018年3月30日

私が話し方教室に通い始めたときのことです。

自分がよく知っている分野についてスピーチで紹介したら、担当講師からこんな講評が。

「そーんなものが、何の役に立ちますか」

あとからよく考えると、聴衆の関心を良く考えず、自分の知っていることを、ただ人に伝えたいだけのスピーチだったなと感じました。

何かを知っていると、話したい欲求が高まりますが、それは「誰かに認めてほしい」あるいは「自分自身を認めたい」という欲求と紙一重です。

このときは話し手としての私の幼さに、担当講師が反応されたのだな、と感じました。


話の内容が、どれほど他人に響くか、どんな印象を持たれるかは、本を読むだけではわかりません。

実際に話す場に立って、人からのフィードバックを受けることでやっとわかります。

そうした経験を短い期間で積めるのが、話し方教室です。

自分の話し方はもちろんですが、他人のスピーチも聞いて、どのような講評がされるかに関心をもってみてください。

短い期間で、話す経験値がたまっていきます!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
		  
スピーチ作りをとおして、話し方の自信を磨ける、人気の講座があります! 話し方教室 ことばの時間

この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHK(総合、Eテレ)の番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士(認知行動療法カウンセラー)。家族は妻と子、猫2匹。
→講師情報を詳しく

リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

ことばの時間通信

週1回、無料メール配信で「レッスン情報」や
「話し方ノウハウ」をお届け
※登録解除はいつでも可能です
人気記事
タグ一覧