更新日:2019年3月15日|公開日:2018年3月31日

他人が話す様子を見て、「自分よりうまい」「自分はとてもあんな風には話せない」などと考えて、話すときにオドオドしてしまうことはありますか?

中には、話すチカラにそれほど差がなくても、どうしても自分を他人と比較して、ネガティブな考えが浮かんでしまう人がいます。

人間の「考え方のクセ」に着目する『認知行動療法』では、出来事の中で、ふと浮かんでくる考えを「自動思考」と呼びます。

口には出さないけど、自然と浮かんできてしまう、そんな考えやイメージのことです。

前述の例で自動思考を挙げるなら、他人の話を聞いて「自分よりうまい」「自分はあんな風に話せない」といった考え方です。

こうした自動思考の要因として、「不公平な比較」と呼ばれるクセが挙げられます。

例えば、自分よりできる人や素晴らしい側面と比較ばかりして、自分が劣っていると決めつけてしまうことです。
口を開く前から、他人のレベルを高く見てしまって、自分の話す力を低く見積もっていませんか?

謙虚に見積もった方が、自分の話す能力を高めるためには都合がよいのかもしれません。
しかし、話すときのパフォーマンスにも影響が及んでしまい、声の震えや、たどたどしさが出てはいないでしょうか。

比較したがる気持ちにとらわれず、話に没頭することで、この考え方のクセからは解放されていきます。

まずは安心して話せる場所を見つけて、話す自信を育てていきましょう。

「ことばの時間」の教室は「恥をかいて良い場所」。プレッシャーに慣れつつ、話すチカラを育てられる場所です。
 
 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

ことばの時間通信 に登録

話し方のノウハウ&レッスン情報

週1回 無料配信!

※登録解除はいつでも可能です


この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHKの番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士。家族は妻と子、猫2匹。
うちの猫
リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

【リンク】
・相談プログラム(一部 Skype対応)
・個別レッスン(一部 Skype対応)
・グループレッスン
・企業研修

人気記事
タグ一覧