更新日:2019年11月2日|公開日:2016年9月22日

教室は「恥をかいて良い場所」なので、ハードルを上げずに参加して頂けたらと願っています。

ただ、「レッスンに付いていけるか不安」「どう学んだら上達するのか」など不安をお感じになる方もいます。

そこで参考までに、いくつか学びのポイントをご紹介します。

ビギナー向け:苦手だけでなく、得意を認める

自分の長所はきっとあるはず。目をそらさず、認めよう。

受講する人は、自分の長所を認められない人が多いのです。

できないこと(短所)はあるとしても、教室では話す練習をしながら長所を知ることもできて、安心感や自信を得られる機会でもあります。

ぜひ、自己分析をするつもりで、話し方を見つめてみましょう。

いくつか、傾向をあげてみました。

・多少の硬さはあるけど、論理的に話を構成することができる。

・まとめるのはぎこちないけど、生き生きと感情豊かに話せる

・あがりやすいけど、教室でスピーチすると意外な反響があって驚く

自分の長所を認めつつ、さらに苦手なことを向上できると、コミュニケーションの幅が広がります。

話し方を学ぶなかで、苦手に取り組むのは、使っていなかった筋肉を鍛えるような感覚です。

最初はぎこちなくても、トレーニングを続ける中で、スキルは確実に変わっていきます。

また、色々な技法が身に付いてくると、、「人前で話せたらいいな」という思いから、だんだんと「人を楽しませたい、印象に残したい」という思いに変わってきます。いい意味で、欲張りになれます。

新たな自分と出会う気持ちで、実習に挑んでみてください。

参考:話し方の学びについて相談できます→話し方アドバイス面談

慣れてきたら:スピーチ実習のネタをいくつか用意

少し力を入れて学びたいときのコツ、お伝えします。

「スピーチ実習って難しそう」「体験を語るのが難しい」と感じる方もいるかもしれませんが、講座は「恥をかいてよい場所」なので、練習と割り切って、自分なりに体験を語ることから始めてみてください。

ただ、教室に慣れてくると分かるのですが、1つのネタだけを準備しておくと、場の雰囲気や講座の狙いから外れて、スピーチをしたものの達成感がないことがあります。

これは、あくまでも慣れてきたら、という話ですが、スピーチのネタを複数用意することも検討してよいでしょう。

その場合、一つのネタの完成度は30パーセント程度でよいので、2つくらいネタを考えておき、講座の休憩時間にネタを選んで、80パーセントくらいまで仕上げて発表する。

皆さんの声を聞くと、そうした柔軟な参加の仕方が、より充実感につながるそうです。

最初はスピーチすることさえ不慣れでドキドキしていた方が、いつの間にか複数のネタを考えてきて、アレンジを楽しんでいらっしゃいます。

しかも、こうした学び方をすると、案外、「準備は完璧じゃなくていいんだな」と分かって気持ちが楽になります。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
		  
スピーチ作りをとおして、話し方の自信を磨ける、人気の講座があります! 話し方教室 ことばの時間

この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHK(総合、Eテレ)の番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士(認知行動療法カウンセラー)。家族は妻と子、猫2匹。
→講師情報を詳しく

リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

ことばの時間通信

週1回、無料メール配信で「レッスン情報」や
「話し方ノウハウ」をお届け
※登録解除はいつでも可能です
人気記事
タグ一覧