公開日: 2023年1月17日

「原稿を読むだけでも緊張する」と、しばしばお聞きします。

実は「読むだけ」と言えど、そんなに簡単な作業ではないのです。

例えば、自分が相当に慣れないことをする際、「慣れないと難しいな」「不器用だな」という感覚に陥ることは無いでしょうか。

それと同様です。

発表用に書き上げた文章を、一言一句、目で追いながら話す。

これは頭が忙しく働くため、内容を覚えて話すよりも、負荷が高く感じられる人もいます。

例えば、心理学で「注意資源」という考え方がありますが、人の集中力には限度があります。

その限度を超える作業になりやすいのが、原稿を読む作業。

脳の余力が無くなると「話す途中で噛む」「言葉が詰まってしまう」なども増えます。

また、苦労している様子を人前で見られることで、余計に焦ったり、緊張したりすることはないでしょうか。

「自己注目」と呼ばれますが、緊張しやすい人は、もともと自分に意識が集中しています。

自己注目が強い状態のまま、不器用さを感じる状況に陥ることで、余計に緊張感が強まる可能性があります。

さらに、完璧主義、正しいことを求めすぎる、過去の失敗経験があるなどすると、人前で「評価モード」と呼ばれる他人の反応を気にする状態に陥ります。

すると、そもそも人前に出ること自体がストレスで、緊張から生まれるドキドキ感、手や体の震えなどが、不安症状として加算されていることもあります。

対処に役立つトレーニング

緊張感を和らげるトレーニングが役立ちます。

意外と思われる方が多いのですが、まず注意資源を費やさないで語れる原稿作りのコツを学ぶこと。すると、本番での焦りが減る人が多いのです。

さらに、認知行動療法では、自己注目を和らげながら、緊張しやすい思考癖と、評価モードに陥る習慣を改善していきます。

具体的には、自分の奥深くにある思考癖をカウンセラーを介して可視化しながら、「自分に根付いたイメージ」「聞く人の評価や反応に意識を向ける癖」などを改善します。
また、合わせて心身のリラクセーション法を身につけていくので、警戒態勢になっても過剰な手や声の震え、ドキドキ感など反応が起きづらくなります。

実際に、話す余裕が生まれて、本番で余裕をもって話せる状態を自覚する方が多いです。

それまでうまく話せた経験がないと、「はたして、本番で話せるだろうか」という不安がどこかで邪魔する人もいます。

しかし、トレーニングで実践して頂いたことが自然にできて、「楽に話せて驚いた」というご感想を頂きます。

また、適切なトレーニングを知ることで、その後もどうすれば安定して話せるかが掴めます。

「オンライン講座」「東京都の教室」で学ぶ
あがり症改善 自分と向き合う認知行動療法
(記事でご紹介したトレーニングを、包括的に学べます)

執筆者

【執筆者】古垣博康
【プロフィール】株式会社ワクリ代表。NHK(総合、Eテレ)の番組制作や番組サイト編集に携わりながら、話し方団体で講師を務める。現在は話し方講師、スピーチライター、認知行動療法&産業カウンセラー。
講師詳細  話し方オンラインレッスン開催

ことばの時間通信(無料メルマガ)

「話し方ノウハウ」&「講座情報」週1回配信
※登録解除はいつでも可能です
記事大分類から探す
タグから記事を探す

目標別のレッスン参考記事
階層別のレッスン参考記事

講座ページアクセス順位
  1. 速習!人前での話し方 基礎講座
  2. 説明力を磨く 速習レッスン
  3. 会話力を伸ばす 個別レッスン
  4. みんなのとーくクラブ
  5. 経営者・専門家向けスピーチレッスン


カウンセリングアクセス順位
  1. あがり症改善 認知行動療法
  2. 話し方・あがり症総合カウンセリング
  3. 評価軸と自信のカウンセリング