更新日:2019年10月8日|公開日:2018年12月13日

・学んでも学んでも、自分に自信が持てない
・人付き合いがうまくいかない
・チームを結成しても、同じパターンで行き詰まる

ときどき、こうしたご相談をお受けします。

ご自身をよく振り返って頂くと、自分の行動を制限するような「見えない枠」に縛られているケースがあります。

自分に根付いた無意識の思考パターンから抜け出せない状態です。

精神分析をわかりやすく説明する「交流分析」では、こうした思考パターンを「人生態度」と表現します。

人生態度は以下の4パターンです。

私もあなたもOK。

OK図:私もあなたもOK

・自分と相手を信頼して、協力関係を築きやすい。
・自分の問題を建設的に解決することができる。

私はOKではない。あなたはOK。

OK図:私はOKではない あなたはOK

・自分が無力で、他人は力があると感じやすい。
・他人に依存的になったり、問題を避けることも。

私はOK。あなたはOKではない。

OK図:私はOK あなたはOKではない

・自分のことは肯定的、他人のことは否定的。
・自説に自信をもち、他人を責めたり、高圧的になることも。

私もあなたもOKではない。

OK図:私もあなたもOKではない

・自分を肯定できず、他人も信頼できない。
・希望を持って前進することが困難。

人生態度を変えるには

誰しも4つの態度のすべてを持ち合わせているとされます。
しかし、中心的なものはそのうちのどれか一つと考えられています。

日常の場面で、自分がどれが当てはまるか、ときどき考えてみるとよいでしょう。

例えば、他者と比べてしまって、いつまでも自信を持てない人もいます。
それなら「私はOKではない。あなたはOK。」の人生態度だと考えられます。

また、こだわりをもって意見を言うものの、相手から共感を得られないケースがあります。客観的な裏付けがないまま、自説を述べてしまう。それなら「私はOK。あなたはOKではない。」に捉われているかもしれません。

こうした日常の人生態度に気づくうちに、どの傾向が多いのかが分かってくることがあります。

振り返るうちに、いつもと違った言動ができないのか、その可能性もひらけてきます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
		  
スピーチ作りをとおして、話し方の自信を磨ける、人気の講座があります! 話し方教室 ことばの時間

この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHK(総合、Eテレ)の番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士(認知行動療法カウンセラー)。家族は妻と子、猫2匹。
→講師情報を詳しく

リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

ことばの時間通信

週1回、無料メール配信で「レッスン情報」や
「話し方ノウハウ」をお届け
※登録解除はいつでも可能です
人気記事
タグ一覧