「速習! 人前での話し方 基礎講座」
~スピーチづくりで自信を磨く!~

レッスン詳細

こんな人にオススメ

「話が苦手な人」から「プロの講演家」まで幅広い受講者に愛されるレッスンです。

・人前に立つことが苦手、話すチカラを底上げしておきたい
・スピーチや会議、講演など、自分の言葉で語るべき機会がある
・自己流で対処してきたので、話し方を一から学び直したい

学べるコト

3,000人以上のレッスンから生まれた、「人前で話すためのコツ」を基礎から学べるプログラム。スピーチ学習をベースにして、以下のポイントを学べます。

言葉の技法

「話すための原稿づくり」の詳細なアドバイスをもらえます

場にふさわしく、しかも硬くならないための基礎は「話し言葉」の点検が肝心。言葉として盛り込む情報量など、プロの視点を学んでおくと話を忘れにくくなる効果もあります。放送の伝え方を元にした「話し言葉の技法」を基礎から学べます。

情報整理術

講義風景

「自分の思いを上手に表現できない」という悩みは、情報を整理する技法で解消できます。相手がストンと理解できるように情報を整理して、言葉にする習慣が身につきます
「会議の発言」「プレゼンテーション」「講義」「講演」「執筆」にいたるまで、活用できる技術です。

参考:「情報整理」を解説した記事
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
・話が苦手な人へ~相手の納得感が変わる「ストーリー性」のある話し方とは
・「自分の言葉で話す」とは、どういうことか

緊張対策

話すときの緊張感が変わります

“あがり”とは、脳の余力を無くした一杯一杯の状態。レッスンで学ぶ「情報整理」を実践すると、頭の整理ができて、一杯一杯にならずに話しやすくなります。
さらに、心理面の研究やカウンセリング技術を元にした「緊張感のコントロール法」も解説。脳と体のメカニズムをもとにした、簡単な対策を試すだけで、本番時の緊張感を軽減できます。


新しい学び方~1~2週間で習得可能~ (全国対応)

動画を使ったWEBテキスト

従来型の講座では、「講義を聞くこと」に多くの時間を費やしますが、基礎講座では新方式を採用。
「動画と解説文によるeラーニング形式」で3ヶ月分のカリキュラムを1~2週間で学べるよう、ギュッと凝縮。現代のスピード感に対応した、新しい学習方式です。

教室の練習風景。それ以外に、個別のオンライン指導も可能です。

動画講義の視聴後、人前で実際に話す「実践練習」を受講できます。練習は「教室のグループレッスン」や「オンラインによる個別指導」から選択できます。

プログラム詳細

内容
Lesson1
(動画)
緊張感のコントロール術 & 話し言葉の磨き方

・緊張感をコントロールするコツ
・人前で話す「言葉」の磨き方
(話が伝わりづらくなる問題点と対策)

課題:設問にWeb上で回答
Lesson2
(動画)
スピーチで話し方を学ぶ ~『基本の構成』と『情報整理術』~
・基本の構成法
・人前で話すために必要な情報整理術
・生き生きとした情報の描き方や導入の工夫
~特典 話のネタを発想する技術~

課題:お題に基づいて600~900字原稿をメール提出(原稿アドバイス有)
Lesson3
(動画)
スピーチで話し方を学ぶ ~自分のメッセージの深め方
・ありきたりの話を脱する技法
課題提出は無し
実践練習 技法を活用して、人前で話す実習
・お題に基づいて1~3分スピーチ(900字以下)
・実習では自由題も選択可能
・応用力を高めるミニワークあり
実習は以下から選択
グループレッスン(東京都大崎) or 個別オンライン指導 or メール指導
【実践練習後】
特典動画:「本番前の心得」+「発声の基本」
特典資料:「送別会・結婚式スピーチ文例」

【アンケート回答後】
特典:実践練習の追加 or 別レッスンの初回割引

【補足】
・動画をご覧頂くには、Webを利用できるパソコン、スマートフォン、タブレット端末などが必要です。(操作は簡単です)

・ご自分のペースで学べますが、お申込みから3ヶ月以内に実践練習にお申込みください。なお、受講期間中は制限なく質問できます。

・事前に相談したい人や、心理面から深く考察したい人は「あがり症カウンセリング」がお勧めです。

受講満足度 9割以上!話の質が変化する

受講者は、様々な業種のお仕事で活躍中

元々の「基礎講座」は中長期の開催で、2019年5月以降は満席が続いていました。

皆様の利便性を高めるため、2019年夏から現在の速習形態に変更。

心理面だけでなく、「話し言葉」や「情報整理」の学びが充実したレッスンは珍しく、受講した9割以上の皆様からご好評を頂いています。

受講した皆様の声

「話す前に考え、深い話ができるように」(30代 製造業)

 一番変わったことは、話す前に考える習慣がついたことです。一方的に話すのではなく、共感してもらうためにはどういった話し方をすればいいか、整理して話せるようになりました。また、“自分の考え”を話せるようになりました。それによって上辺の話ではなく、深い話ができるようになりました。

「伝えたいことを絞る必要性がわかった」(60代 会社経営)

 これまで講義や講演をしてきましたが聴衆の反応が今一つなので、なぜだろうと考えていました。それは、伝えたいことを絞り込めず、印象がぼやけていたからです。スピーチ原稿の個別アドバイスがあり、コツがよくわかりました。

リンク:「基礎講座」の体験談一覧へ

補足:実践練習の詳細

動画を視聴後、実践練習にお申込み頂けます。以下の3タイプから選べます。

【タイプ1】教室で実習
練習会場

土曜午前(月2回)に大崎(品川産業支援交流施設SHIP)にてグループレッスン。

~開催日~
1/11, 1/18, 2/8, 2/22, 3/7, 3/28

~スケジュール~
10:00~ 自己紹介
10:15~ スピーチ実習&フィードバック
10:45~ 休憩
10:50~ 応用力を高めるミニワーク
11:10~ スピーチ実習 (フィードバックを踏まえて実習)
11:50 終了

【タイプ2】個別オンライン指導

SkypeやZoomなどのビデオ通話機能を使って、30分間の個別レッスンを受講して頂けます。(教室実習との都合があわない方にもお勧め)

~曜日、時間帯~
月~金 午前、15:00~17:00、20:00~21:00
土曜日 12:00~12:30

【タイプ3】メール指導

実習用の原稿を、メールでお送りください。情報整理の仕方についてアドバイスします。

実習形式は、お申込後の変更も可能です。


料金

受講料 34,100 円(税込)

・特定商取引法に基づく表記


受講方法

ページ内の「この講座を予約する」からお申込み。

自動返信メールが届くのでお支払方法を確認

2日以内にカード決済か銀行振込でお支払

動画ページご案内
(専用フォームから課題を提出)

専用フォームから実践練習を予約

実践練習

この講座を予約する

受講後の特典

・特典動画:「本番前の心得」+「発声の基本」

・特典資料:「送別会・結婚式スピーチ文例」

「人前での話し方 中級講座」を通年、特割料金で受講可能

・アンケート回答特典:実践練習の1回追加 or 別レッスンの初回割引(他割引と併用可)

よくあるご質問

学校や地域の懇親会にも役立つ?

「発言をまとめる力」「緊張対策」は、あらゆる場所で活かせます。保護者が集う懇親会地域の集まりなどに向けてスタンバイするコツが分かると、安心感が増します。スピーチを学べる機会なので、慶弔の式典(結婚式や葬儀など)でもしっかりと話せる実力を磨けます。

実践練習は1回だけでしょうか?

短期でコツをつかめるコースのため、実践練習は1回が基本です。ただし、アンケートにお答え頂くと、1回の練習追加が可能です。 また、継続して学びたい方は、「人前での話し方 中級講座」を特別料金で受講して頂けます。
じっくりと「個別レッスン」を受けたい方には、「人前力が変わる スピーチ個別レッスン」があります。

講師業に合った学びができますか?

講師の方は、ご自分の専門分野をスピーチに仕立てて、実習に挑まれています。(例:「料理が変わると、自分が変わる」というスピーチなど)
むしろ、スピーチ実習の体裁に置き換えることで、伝え方の問題点があらわになり、対策が立てやすいそうです。
講義はもちろん、会議の発言や、プレゼン、講演に至るまで、「伝え方の対策」が見つかる点で、基礎講座はお勧めです。



		

講師プロフィール

講師顔写真

【名前】古垣博康
【略歴】1978年生まれ。番組制作会社代表取締役、話し方プロアドバイザー、認知行動療法カウンセラー。NHKの番組制作や番組広報に携わりながら、10年以上にわたり話し方を研究。家族は妻と子、猫2匹。
→詳しくはこちら
「基礎的な技法を学ぶことで、話すときの緊張感に負けないだけの自信が手に入ります。コミュニケーションスキルの幅が広がる講座です」

ことばの時間通信

「レッスン情報」&「話し方ノウハウ」
週1回 無料でお届け
※登録解除はいつでも可能です
動画

レッスンは「恥をかいてよい場所」です。
教室の雰囲気がわかる動画へのリンク