「速習! 人前での話し方 基礎講座」
~スピーチづくりで自信を磨く!~

【お知らせ】教室に通わずに、オンラインで受講できます。Webを使い慣れていない方も、参加しやすい仕組みです。

レッスン詳細

こんな人にオススメ

・人前に立つことが苦手、話すチカラを底上げしておきたい
・スピーチや会議、講演など、自分の言葉で語るべき機会がある
・自己流で対処してきたので、話し方を一から学び直したい

学べるコト

3,000人以上のレッスンから生まれた、苦手意識を変えるプログラム。以下のポイントを、基礎から学び直すことができます。

自信のベース=話の組み立て方

講義風景

あなたは、メッセージ(結論)を一つだけ決めて、2~3分間、話すことができるでしょうか。
話の苦手意識がある人の多くが「色々な要素やメッセージ」を詰め込みます。

すると、以下の問題が起きます。
・話を覚えづらい(余裕がない、真っ白になる)
・聞き手が分かりにくい話になる

例えば、多くの事柄を伝えるときも、聴衆に合わせて一つの事柄をじっくり解説できる力量があること。それが、話の自信や、相手にとっての安心感に繋がります。

当会のスピーチレッスンでは、一つの結論を明確にして、道筋を上手に作るコツを楽しみながら学べます。頭の情報を整理して、過不足なく情報を伝える技術です。話すだけでなく、書く、議事進行など、さまざまな場面で活用できます。

参考:「話の組み立て」を解説した記事
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
・話が苦手な人へ~相手の納得感が変わる「ストーリー性」のある話し方とは

言葉の技法

「話すための原稿づくり」の詳細なアドバイスをもらえます

場にふさわしく、しかも硬くならないための基礎は「話し言葉」の点検が肝心。軟らかく、相手に響く言葉のつかい方を学んでおくと、話すときに心強くなります。

緊張対策

話すときの緊張感が変わります

“あがり”とは、脳の余力を無くした一杯一杯の状態。レッスンでは、心理面の研究やカウンセリング技術を元にした「緊張感のコントロール法」を解説。脳と体のメカニズムをもとにした、簡単な対策を試すだけで、本番時の緊張感を軽減できます。


新しい学び方~短期間で習得可能~ (全国対応)

講義は動画+解説文をWeb上でご覧いただくEラーニング形式。 カリキュラムを短期間で学んで頂けます。

実践練習はZoomを使った、オンラインで開催する45分×4回のレッスン。操作方法はご案内しますので、初めて使う人でも簡単に受講できます。

内容
Lesson1緊張感のコントロール術 & 話し言葉の磨き方

講義:動画2本 + 解説文(所要時間 約30分)
実践練習:お題に基づいて2分スピーチ + カウンセリング(所要時間45分)
Lesson2 スピーチで話し方を学ぶ ~『基本の構成』と『情報整理術』~

講義:動画3本 + 解説文(所要時間 約45分)
実践練習:お題に基づいて3分スピーチ(所要時間45分)
Lesson3 スピーチで話し方を学ぶ ~ディテールの描き方~

講義:動画3本 + 解説文(所要時間 約45分)
実践練習:お題に基づいて3分スピーチ(所要時間45分)
Lesson4 スピーチで話し方を学ぶ ~印象深い話をする方法

講義:動画3本 + 解説文(所要時間 約30分)
実践練習:お題に基づいて3分スピーチ(所要時間45分)

【補足】

・講義の所要時間は、解説文の読解時間などを加味しています。動画自体は5分前後の短い内容です。スキマ時間を利用して少しずつご覧頂くと、スムーズに進みます。また、別途、実践練習に向けてスピーチを考えて頂くことは必要なのでご了承ください。

・お申込み時に、第1回の実践練習の希望日時をご記入ください。また、各回の実践練習の終わりに、次回の日程を予約できます。

【開催曜日・時間帯】
月~金 10:00~18:00、20:00~21:00(水曜は20時以降は休止)
土・祝 10:00~16:00

・実践練習の受講間隔は、週に1~2回がお勧めです。ご都合に合わせて、間隔は調整できるため、連休期間などに一度に進めることも可能です。なお、レッスン開始から3ヶ月以内に全プログラムの受講をお願いします。

・受講するためには、Webカメラが搭載された端末とインターネット回線が必要です。詳しく知りたい方は、以下ページでご確認ください。

Zoomレッスンに必要なもの詳細へ

受講満足度 9割以上!話の質が変化する

受講者は、様々な業種のお仕事で活躍中

苦手意識のある人から、プロの講演家まで、9割以上の皆様からご好評を頂いています。

受講した皆様の声

「話す前に考え、深い話ができるように」(30代 製造業)

 一番変わったことは、話す前に考える習慣がついたことです。一方的に話すのではなく、共感してもらうためにはどういった話し方をすればいいか、整理して話せるようになりました。また、“自分の考え”を話せるようになりました。それによって上辺の話ではなく、深い話ができるようになりました。

「伝えたいことを絞る必要性がわかった」(60代 会社経営)

 これまで講義や講演をしてきましたが聴衆の反応が今一つなので、なぜだろうと考えていました。それは、伝えたいことを絞り込めず、印象がぼやけていたからです。スピーチ原稿の個別アドバイスがあり、コツがよくわかりました。

リンク:「基礎講座」の体験談一覧へ

料金

44,000円(税込)

・特定商取引法に基づく表記


受講方法

ページ内の「この講座を予約する」からお申込み。

自動返信メールが届くのでお支払方法を確認

1日以内にカード決済か銀行振込でお支払

Lesson動画+解説文を受信

実践練習

この講座を予約する

受講後の特典

・特典動画:「本番前の心得」+「発声の基本」

・特典資料:「送別会・結婚式スピーチ文例」

「人前での話し方 中級講座」を通年、特割料金で受講可能

よくあるご質問

見学はできないのでしょうか?

個別レッスンのため、見学はできません。「話し方アドバイス面談」や「あがり症カウンセリング」をお申込み頂くと、ご相談と合わせて基礎講座のお試しが可能です。また、受講料のセット割引があります。

中級講座と同時に受講することは可能でしょうか?

可能です。ちなみに基礎講座Lesson2では、「情報整理」「構成法」を扱います。その回の動画講義を視聴して頂くと、「人前での話し方 中級講座」の理解度が格段に変わります。

講師業に合った学びができますか?

講師の方は、専門分野をスピーチに仕立てて、実習に挑まれています。(例:「料理が変わると、自分が変わる」というスピーチなど)
むしろ、スピーチ実習の体裁に置き換えることで、伝え方の問題点があらわになり、対策が立てやすいそうです。
講義はもちろん、会議の発言や、プレゼン、講演に至るまで、「伝え方の対策」が見つかる点で、基礎講座はお勧めです。

学校や地域の懇親会にも役立つ?

「発言をまとめる力」「緊張対策」は、あらゆる場所で活かせます。保護者が集う懇親会地域の集まりなどに向けてスタンバイするコツが分かると、安心感が増します。スピーチを学べる機会なので、慶弔の式典(結婚式や葬儀など)でもしっかりと話せる実力を磨けます。



		

講師プロフィール

講師顔写真

【名前】古垣博康
【略歴】1978年生まれ。番組制作会社代表取締役、話し方プロアドバイザー、認知行動療法カウンセラー。NHKの番組制作や番組広報に携わりながら、10年以上にわたり話し方を研究。家族は妻と子、猫2匹。
→詳しくはこちら
「基礎的な技法を学ぶことで、話すときの緊張感に負けないだけの自信が手に入ります。コミュニケーションスキルの幅が広がる講座です」

ことばの時間通信

「レッスン情報」&「話し方ノウハウ」
週1回 無料でお届け
※登録解除はいつでも可能です
動画

レッスンは「恥をかいてよい場所」です。
教室の雰囲気がわかる動画へのリンク