更新日:2019年10月8日|公開日:2017年3月22日

闘争‐逃走反応

話すときに緊張してしまうのは、「闘争‐逃走反応」と呼ばれる体の仕組みが関係しています。
人の体は危機を感じたときに、体を覚醒(興奮)させる交感神経系の働きを活発にして、闘ったり逃げたりするための準備をします。(ウォルター・B・キャノン,1929)

例えば話すときの「私の話はどのように評価されるだろう」などの不安から「闘争‐逃走反応」が起こり、体が覚醒状態になることがあります。覚醒が高まり過ぎると、心拍数の上昇や体の震えなどの影響を及ぼします。

心配しすぎることの影響

この反応をいっそう過剰にさせているのが、心配しすぎるタイプの人と言えます。
心配することで「こんなことを話して良いのか」「こんな伝え方で相手が理解できるのか」など不安材料とみなせる点を自分で発見してしまいます。

このタイプは、良く言えば検討力があって、さまざまなことに気づける人です。ただ問題となるのは、リスクを避けがちになるケースがあること。

少しでもリスクを感じたら話すことに消極的になったり、内容に多少の不安はあっても開き直って話すことを避けてしまう方がいます。
また、不安なことをカバーしようと情報を盛り込みすぎて、話がシンプルにまとまらず、伝わりづらい話になっていることもあります。

話し方教室では、伝え方に自信をもてるだけでなく、実習を繰り返す中で、こうした自分の心の傾向や、状況によって生じる消極性にも気づいていくことができます。

気づきを深めるうちに、「もっと自分を信頼してもいいかな」「とりあえずやってみよう」と徐々に「違う考え方をしてみようか」という気にもなります。
たとえば、原稿をしっかり覚えて話してしまう方も、大事な結論部分だけ覚えておいて、あとは即興で楽に話してみるといった風に、自分の持つ話力を信じられるようになります。

話し方を学びつつ、余裕が出てきたらちょっと違う考え方に基づいた行動をとることを、教室で試してみてください。

追記;不安が大きく、生活に明らかに支障を来しているような場合は、一度、医療機関を受診することが勧められます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
		  
スピーチ作りをとおして、話し方の自信を磨ける、人気の講座があります! 話し方教室 ことばの時間

この記事について

【執筆者】古垣博康
【略歴】株式会社ワクリ代表。NHK(総合、Eテレ)の番組制作や番組サイト運営に携わりながら、NPOの話し方教室で講師を5年間担当。
現在は話し方のプロアドバイザーとして、話し方のお悩みに役立つレッスンを開催しています。
産業カウンセラー、認知行動心理士(認知行動療法カウンセラー)。家族は妻と子、猫2匹。
→講師情報を詳しく

リンクはフリーです。当サイトの内容について転載や研修・セミナー利用は禁止します。サイト上で引用される場合は、引用元ページへのリンクを張ってください。
【アーカイブ】
・お知らせ一覧

ことばの時間通信

週1回、無料メール配信で「レッスン情報」や
「話し方ノウハウ」をお届け
※登録解除はいつでも可能です
人気記事
タグ一覧